空手を始めて

ぼくは初めテレビで瓦を割っている人を観て瓦が割りたくて空手を始めました。
始めてみると想像していたより、たくさん覚えることがあって、でもそれは大変と言うよりは楽しいという気持ちの方が大きくて、もっと、いろいろ教えてもらって上手になりたいと思いました。

今年は3回試合に出て2回優勝出来ました。でも優勝出来なかった試合で、くやしくて涙が出たので、もう泣きたくないと思いました。
来年も、たくさんの試合に出たいと思っているけど、ぼくは、すごく緊張してしまうから本番で緊張してしまっても自然と体が動くくらい型や組手の動きを身に付けたいと思います。

そのためにも本部長先生や狩山先生の言ってることをしっかり聞いて頑張ります。

のぞみ教室 須々木蒼汰

令和4年第3回審査会を開催しました

令和4年10月23日 北長瀬みらいふれあい公園 みはらしプラザで今年最後の審査会を行いました
岡山地区本部では事前に審査受審のためみきわめを行い認められた方が審査申込みし審査を受けます
審査希望の方約130名の中70名が受審しました
午前10時より午後3時30分まで級毎にそれぞれ緊張し基本、型、約束組手、指定技の自由攻防組手を受けました
最後に初段受審希望の仮審査をし、午後5時終了となりました

様子はこちら

ACPチャレンジOKAYAMAを開催しました

令和4年10月10日 岡山地区本部各教室の親睦のためACPチャレンジOKAYAMAの企画を実施しました
練習の会場、曜日、時間帯がまちまちの方がチームに分かれて競技し大いに親ぼくを図りました

①⻑縄⽟突き跳び、②宅配便ゲーム、③横並び縄跳び、④アニマルリレーの種目に挑戦しました
各々得意な競技があり、いかんなく実力を発揮しました

映像はこちら

APCチャレンジに参加して

ぼくが1番がんばったのはアニマルリレーです。
ほかのチームにも入って全部で5回走りました。
手と足が痛かったけど表彰式でアニマルリレーのMVPに選ばれてとてもうれしかったです。
違う教室の子達と仲良くなったし、おかしをもらえて楽しく参加できました。
のぞみ教室  西川晃世

ACPチャレンジに参加

全部の種目に出ました。
最初は緊張していたけど、みんなが頑張っているのをみて、私も頑張ろうと思いました。協力して一生懸命やったらうまくいってすごく楽しかったです。
のぞみ教室  髙野真佑
宅配便ゲームは、走るのに夢中で、ボールを置くタイミングが難しかったです。動物走りは、こけそうになったけど、頑張って走り続けました。大縄跳びは、最初出来なくて、もうやめようと思ったけど、くやしくてやっていたらちょっとだけできるようになって嬉しかったです。賞ももらえて、本当に楽しかったです。
のぞみ教室  髙野成央

第8回防具付全日本空手道選手権大会パンフ

【ボタンの説明】

 資料をダウンロードできます

 資料を印刷する方はこちらのボタンを押してください

 資料をフルスクリーン表示できます

ACPチャレンジに参加して

去年は長縄玉突き跳びと宅配便ゲームの2種目でしたが、今年は横並び縄跳びとアニマルリレーが追加されてパワーアップしたACPチャレンジ岡山が開催されました。アニマルリレーは隣のレーンで小さい子がアニマルになっていてとてもかわいかったです。ぼくのチームは大人もがんばっていました。得意な長縄は入るタイミングと出るタイミングを声を出しながら力を合わせて跳ぶことができました。1位になってうれしかったです。とても楽しかったです。ありがとうございました。
きらめき教室 和気 響也

ACPチャレンジに参加してみて

いつもは会えない人達と交流できて楽しかったです。
一番楽しかったのは、宅配便ゲームです。
理由は、1位になれたし、チームプレーができて、嬉しかったりいろいろな気持ちがあったからです。
最後に首にかけるお菓子のネックレスとペンとおもちゃをもらって嬉しかったです。またやりたいです。

 きらめき教室 柴田亜琴

2022 滴水會舘岡山地区本部親睦会実施要項

【ボタンの説明】

 資料をダウンロードできます

 資料を印刷する方はこちらのボタンを押してください

 資料をフルスクリーン表示できます

全日本感想文

僕は試合前に相手の蹴り合わせてカウンターで逆突きを決める練習をしました。
試合の時に自分のガードを下げて相手が回し蹴りしてくるのを待っていましたが、相手が回し蹴りをして来ませんでした。
普段の練習している技が出せないまま終わって負けてしまいました。
次の試合までに練習で教えてもらった技が自分から沢山出せるようにいつも練習していきたいと思いました。

きらめき教室 中西晄大

からてのしあいにでました。

岡山地区本部のひさおはなこです。
しあいで3位になり、メダルをもらいました。すごくうれしかったです。
わたしは、からてのれんしゅうも、からての試合も、たのしいです。たくさんのおともだちや、おにいさんやおねえさん、なんば先生、にあえるからです。
しあいでも、たくさんのひととあい、いろんなからてをみました。じょうずなからてをたくさんみました。
まいにち、からてのれんしゅうをして、またしあいにでて、がんばりたいです。
ひさおはなこ

空手全日本大会

わたしは、9月25日の全日本大会で、型と組手に出場しました。
始まるまでは、少しドキドキしました。
型試合は、3回戦で2対2本で負けました。わんすうの型でした。
四股はできていると思いましたが、下段ばらいや、最後のかつぐところをもっと練習しなければと思いました。次の試合では、そこを直して勝ちたいです。
組手試合は、決勝戦まで進むことができました。
でも、相手に圧倒されなかなか攻めることができず、手数が少なくなり練習した技が出ませんでした。
逆づきもしっかりふみこんで力強くすればよかったと思いました。
もっと上段をねらえるように練習をがんばりたいです。

きらめき教室  牧野 心愛

大会に出場して

僕はこの大会で自分の分析の大切さを学びました。自分のどこがいけないのか、どうしたら上手くなるのかを考える。そして練習でそこを改善していく。そのような筋道を立てて日々取り組むことの大切さを学べ、勝ち負け云々の試合が出来てよかったです。

渡邉 史温

講習会に参加しました

令和4年10月3日 総社武道館に於いて宗師より型の講習会と審判講習会を受講しました
滴水會舘総本山主催の講習会に33名が受講しました
岡山地区本部より4名が参加しスキルアップしました

滴水全日本大会に出場して


 近藤琉生

 今回の大会は自分にとって、休会から復帰して初めての大会となった。望むような結果にはならなかったが、これを機に頑張っていこうと思った。
 組手では、これまでほぼ同級生としか戦ってこなかったので、上級生のレベルを知ることができて良かった。パワーやスピード、そして雰囲気がこれまでの相手とまるで違った。それに対して自分は、ひるんでしまい技をひとつも出せなかった。攻撃しても反撃されてしまうのではと考えたし、何より恐怖心もあった。
 今の自分の問題点は、大事な時にポジティブに考えることができず、行動をおこせないことだと、良く分かった。これは組手だけでなく、型にも普段の生活でも同じことが言えると思う。
この気づきを大切にして、よく考えて行動できる「立派な人間」にならなければと感じた。

《滴水会館全日本空手道選手権大会に参加して》

ぼくは前の総社であった型総合の試合で、とても悔しい結果だったので、いっぱい練習をして参加しました。
練習の時に本部長先生が教えてくれた足の形や狩山先生が教えてくれた手の位置を意識して頑張り、優勝出来ました。
とても緊張したけど練習通りに出来たかなと思います。
でも、もっと上手になりたいので一生懸命練習して、これからも頑張りたいです。
のぞみ教室   須々木蒼汰
image0.jpegimage1.jpeg