野山教室

モットー
「好きこそ物の上手なれ」

練習時間
毎週木曜日 17:30~19:00(初級)
   19:00~21:00(中級以上)
     祝日はお休み
場所 岡山市立野山武道館
   岡山市北区野殿西町1650

狩山純子(かりやまじゅんこ) 1998年入門 滴水會舘少林寺流空手道参段 下津井生まれ下津井育ち 学生時代はバスケ、ハンドボールと運動に励む 岡山に嫁ぎ、二児の母 子供の入門をきっかけに、日頃の運動不足や腰痛解消のため入門 指導理念の「立派な人間に育てる」に感銘を受ける 性格は真面目、緊張しい 緊張が最大の敵で、未だ修行中

毎週木曜日 岡山市立野山武道館にて
幼年から大人まで2クラスに分かれて練習しています。
「明るく、元気に、強く、正しく、好きこそ物の上手なれ」「試してみたい、上手くなりたい、自ら練習をする」を大事にそれぞれのペースで頑張っています。


「野山教室ではどんなことをしているの?」
野山教室は、毎週木曜日に野山武道館で練習しています。
初心者向けの17時半クラスは小さい年齢の子も多く、基本の型の稽古をメインに、子供達が大好きなミットを使った練習もあります。正座して先生の話を聞くことも大切な練習の一つです。
19時クラスは小学生、中学生、大人がそれぞれ目標に向かって頑張っています。昇級審査を目前に控えた2月18日は、いつも以上に皆の気合いが感じられました!
準備体操、ストレッチから始まり、四股突き、空間突き、連突き、前蹴り、一本突きで気持ちを高めていき、拳手法へ。一つ一つの動きを丁寧に行うことの積み重ねが大事です。
水分補給をした後は、前進後退と約束組手、そして各自の受験科目の練習。先生からのアドバイスをしっかりと体に覚え込ませ、本番に向けて最終調整です。
最後にミット練習をして、本日の稽古も無事に終了。心も体もポカポカに温まりました!!

5/15の組手試合に参加して

「1回戦目は、相手の欠場で勝ちました。2回戦目は、130秒でどちらも技ありを1本もとれませんでした。次に延長戦でもとれませんでした。判定で、相手の方に多く旗が上がり、僕は負けました。負けて残念でした。次はもっと勝ち進みたいです。」

のぞみ教室 田村 匠

 

「負けて悔しかったです。次の試合では、蹴りができるよう頑張ります。」

のぞみ教室 田村 圭

 

組手試合は型試合以上に迫力があり、応援にも更に熱が入ります。

何となく流れのまま戦っていた前回に比べ、どうしたら勝てるのかを少し意識していたように思えました。残念な結果でしたが、何が良くなかったのか、どうすれば良かったかを考え、上達に繋げてほしいです。

高学年の試合では、上段への突き・蹴りが加わり迫力が増しました。また、岡山地区本部の組手試合は安心して見ることができました。

のぞみ教室 田村 恵




 


体験教室開催!

2022.4月21日
野山武道館にて体験教室を開催しました。
参加者は体温測定、手指消毒、マスクをして参加しました。
まずは、空手の体操。そして、今年はアジリティトレーニングの1つ、運動時の身体のコントロール向上に繋がる低いバーを両足でリズム良く飛び越えて行くトレーニングを行いました。
続いて、型の基本稽古の四股突きや拳手法を一緒にしました。
そして、恒例の風船割り!
これは、突きの練習で腕が脇を離れずまっすぐ「ビュン」と突けると割れます。
昨年割れなかった子供たちも一生懸命風船を割ろうと挑戦しましたが、1人だけ風船を割ることが出来ました(*^^*)まだまだ練習が必要ですね!次回の体験教室に向けて頑張りましょう!
1時間の体験教室はあっという間に終わり、楽しかったようで、体験者も終わった後、通常練習に残って一緒に練習をして帰りました!
投稿者 狩山


野山教室で体験教室を開催します

令和4年4月21日木曜日 17時30分より

寒稽古?暖稽古?

初めて寒稽古が行われた年は凍えるような天候だったそうですが、このたびの寒稽古は日が照り暖かく、初参加者にはありがたかったです。厳かに神事が執り行われた後、ランニングと突きの練習をしました。他支部の方々もたくさん参加していて、熱気と迫力があり、素晴らしい新年のスタートとなりました。
私達岡山地区本部の支部旗がとてもカッコよく素敵だな~と思いました。
(田村 恵)

初めての寒稽古

初めて参加しました。ランニングのとき、足が痛くなったけど、頑張って走りました。海に入ろうか迷ったけど、最後に膝のところまで海に入りました。水が冷たかったです。終わった後のホットドッグがおいしかったです。
(田村 圭)

「初めての寒稽古2」
1,000本の突きの練習はしんどかったです。天気が良くて暖かかったので海に入ってみたくなり、岡山地区本部だけでの練習で海に入ってみたら・・・海水は暖かくありませんでした。
(田村 匠)